能登の名産品取り扱い数日本一|能登半島の名産品が揃うのとマートOPEN!

前戯は大事

前戯は大事

おはようございます、たかひろです。能登町にあるイカの駅つくモールの駅長や、のとマートというECサイトの運営や、のとりっぷという能登半島に特化した観光サイトの運営を行っています。

何なんだこのタイトルはって感じですがエロではありません。

奇抜さよりも礼儀

駅長職をしているといろいろな方とお会いする機会があります。全員に会える訳ではないのですが(アポ取ってくれたら会いますよ、突然来て会えないからって腐らないで下さいね)、先日たまたまお会いした方が面白かったので記事に書こうと思いました。

この方まず名刺を2枚出したんです。1枚目は誰もが知っている大企業の名刺、そして2枚目は音楽関係の名刺でした。どうやら2枚目の組織の重鎮のようでした。頂いて失礼かと思いましたが意味が分からず、「○○○というのはどのような団体なのですか?」と尋ねると、なんと突然歌いだしたのです。

いやいやいや、おっさん突然歌うなよ!と思ったのと同時に近くにいた従業員と目が合い(この後この話で盛り上がるな)と思ったので一先ずこらえました。

そして歌を歌ったおっさんが次に発したのは「わたし、社内でも結構意見を言うタイプでして・・・」と言い、レストランのメニューや駅のコンセプト、商品の並びなどを駄目出しした後に「もっとこうした方が良い」と言うんですね。

そして最後に「お気に触りましたら申し訳ございません」って言うんですよ。

絶対モテないでしょ?

もう可笑しくて、さすがにこらえきれなくて「おじさん絶対モテないでしょ?」って言っちゃいました(笑)

こんな一方的に自分の話をする人珍しくて、さらにその奇抜さを売りにしている様子がさらに面白く、もう全然優しくないのにそのことを全く理解していない。

つまり前戯は大事

一般ユーザーなら率直な意見を言うのは良いですが、新規営業先で初対面の相手に指摘やアドバイスなんて自殺行為でしかありません。営業に来られたのでこれから取引をしようという意思があるとは思うのですが、でもこんなこと言うなんてその気はないのか?

核心をついていれば感心もしたのですが、残念ながら表面上の事だけだったので奇抜さを売りにしている凡人なのだと思ってしまいました。おじさん唖然としてましたけど初対面で奇抜さなんて全く必要ありません。僕が何者でもないように、初対面のあなたも僕にとって何者でもないのだから。

つまりビジネスでも前戯は大事じゃね?という話でした。物販の瀬川さんに会わせたいなぁと思ってしまっている僕はおじさんの術中にハマっているのだろうか。

イカの駅つくモール

イカの駅つくモールは2020年6月に石川県能登町にある日本百景九十九湾の畔にオープンした観光交流施設です。能登町の食と景観を生かした施設をコンセプトに運営され、レストランや物産は勿論、マリンレジャーや遊覧船も楽しむ事の出来る施設です。
PAGE TOP