能登の名産品取り扱い数日本一|能登半島の名産品が揃うのとマートOPEN!

より良い施設を目指してスピーディーに対応する

より良い施設を目指してスピーディーに対応する

おはようございます、たかひろです。能登町にあるイカの駅つくモールの駅長や、のとマートというECサイトの運営や、のとりっぷという能登半島に特化した観光サイトの運営を行っています。

先日ピースライダースマリンベースに泊まったとき、大きなバイクにのった大きなお客さんと話した内容がバイカー目線での提案でとても面白かったので、早速実現できないか動いてみました。

バイカーの為の屋根付き駐輪場をつくる

この件は話を聞けばなるほどなと思います。しかもお店に迷惑をかけたくないという思いもあるので是非実現したいと思いました。また、設置の際には場所を案内する看板も必要になりますので、同時に検討を進めなければなりません。

単管パイプでささっと

駐輪場の場所は用途から逆算することですぐに決まり、どうやって屋根を設置するかと言う問題になります。イカの駅は公共施設な上に国定公園の敷地内にあるので単管パイプでささっとという訳にはいきません。役場から許可が下りれば作っちゃうつもりでした(笑)

能登町役場に相談

僕はスピード重視なので「予算確保に時間が掛かるなら、こっちでやっちゃいます」が常とう句です。ですが今回は建造なのでそういう訳にもいきません。いつものメンバーと膝を突き合わせて30分ほど協議した結果、能登町の方で検討してくれることで着地しました。

まだできるかどうか決まった訳ではありませんが、僕の場所よりも高い所に上がっていってくれたので良かったです。

バイカーの為の思い出の品をつくる

バイカーコミュニティは活発なので「○○が良いですよ」という会話が頻繁に行われているようです。そんなバイカーの旅行話の中では行った人しか手に入らないお土産が注目されるようです。どんなお土産が良いのか話も聞けたので、数量限定で置いて実験をしてみようと思います。

面白い施設を目指して

そういえばオープンの日に船凍イカ1ケースをプレゼントした第1号のお客様はバイカーでした。僕は50㏄のバイクにしか乗らないので越県しながら旅をする気持ちは分かりませんが、相当面白いんだろうなとはいつも思います。

イカの駅にはバイクカーや釣り人、カヤッカーやダイバーなどいろいろな趣味をもった人がきます。その人たちの見るイカの駅はまだまだ足りないことが多く、意見を集めてより良く面白い施設にしていきます。

イカの駅つくモール

イカの駅つくモールは2020年6月に石川県能登町にある日本百景九十九湾の畔にオープンした観光交流施設です。能登町の食と景観を生かした施設をコンセプトに運営され、レストランや物産は勿論、マリンレジャーや遊覧船も楽しむ事の出来る施設です。
PAGE TOP