能登の名産品取り扱い数日本一|能登半島の名産品が揃うのとマートOPEN!

イカの駅つくモールでDIYキッチンカー2台目の開発スタート|2021年7月オープン目指す!

イカの駅つくモールでDIYキッチンカー2台目の開発スタート|2021年7月オープン目指す!

繁忙期に向けて6月中に2台目のキッチンカーを制作します。2回目なので超絶安く、そして早く制作出来る予定です。今の所制作の依頼を受けるつもりはないので、出来るだけ制作過程を公開して多くの人がチャレンジ出来れば良いと思っています。制作過程はイカの駅のブログで公開していくと思います。

キッチンカー開発の背景

改めて言うとキッチンカーの開発はコロナ対策として構想したものではなく、施設のキャパ以上に来られるお客様にサービスを提供する為の手段として始まりました。

開業時イカの駅のレストランは28席、コロナ禍で席数を減らしていたとはいえ元に戻ったとしても40席に満たない小さなレストランです。

限られた営業時間の中では回転率が自ずと決まり、1日に対応できるお客様の数にも限界がありました。テナント形式の道の駅とは違い施設内での出店は不可能、そこで考えたのが施設の外に飲食店を建設しようという考えでした。

当初常設店舗を建設しようとしましたが能登町役場に行くと2つの理由から許可が下りませんでした。

  1. 当初の図面と違うものが出来るには早すぎる
  2. 景観を損なう

これにより「移動可能なキッチンカーを制作し駐車場で販売をする」という案が通り、1台目のキッチンカーが2021年4月にスタートしました。

イカの駅が手掛けるキッチンカーの特長

私が構想するキッチンカーは売上と宣伝の2つの意味を持ち、DIYする以上外注した時よりもメリットがあります。売上は3つの狙いで構成されています。 

1.DIYの方が安価でスピーディーな制作が可能

キッチンカーは軽トラックの荷台に乗せるタイプとなり、制作の予算は車(車検込み)と合わせて45万円(全ての設備を備えつけています)。納期は2週間となります。1台目の経験を生かすことでこれだけ安価でスピーディーなキッチンカーの製作が可能となりました。

2.イカの駅に来られた方をメインとしたサービス

キッチンカーは機動力が特徴ですが、前提として集客できる場所での出店である必要があります。売上以外の目的として認知度向上のためのイベント出店もありますが、どちらも本質的には集客できる場所での出店となるため、最も集客率の高いイカの駅での出店をメインに考えています。

また、イカの駅での出店は一時的な集客や売上など目の前の数字ではなく、長期的に優位になる戦略があっての出店です。

3.出店場所での利益を最大にする取り組み

1日の来場者数、1日のいいねやシェアなど、売上に繋げる取り組みとして認知は重要と考えます。しかし結局の所年間を通して「何個売れたのか」という結果が本質であり、知って貰うと購入への紐づけには全く異なる戦略が必要と考えます。

私が考えるキッチンカーは出店場所にて最大の効果を発揮できるものであり、マネタイズの位置をいくつか設けてあります。

  1. キッチンカーでの売上
  2. イカの駅物販での売上
  3. ネットショップでの売上

キッチンカーでの売上は当然です。訴求を満たす味・パッケージ・価格・メニューなど当たり前に考え抜いたものでなければなりません。しかし私の場合はこのメニューを「イカの駅の物販でも売れるか」という前提条件で考えています。

寧ろ「物販で売れないものは作らない」という設定で開発をしています。

そもそもキッチンカーよりも効率的に販売できる場所を見据え、認知活動としてキッチンカーを使っています。キッチンカーの売上では勝負していません。イカの駅には年間7,000万円売り上げる物販に加え、のとマートというネットショップもありますので、本当に気に入って貰えれば家からでも商品を購入してもらうことが出来ます。

自分が店頭に立たずともレジ清算まで済ましてくれる店舗での売上があるからキッチンカーを使った認知の手法はいくらでもあり、この形をとっている以上他のキッチンカーとの勝負で負ける事はありません。

また、キッチンカー単体で広報活動をするにはよほどのマーケット戦略があるか経験者でなければせいぜいSNSの更新程度、HPの更新やネットでの販売まで手が回らないのが実情だと思います。

その点イカの駅には7.5万人の来場者、22万PVのサイトやブログがあるのでそこで宣伝してもらえれば無料でリーチすることが出来ます。

まとめ

イオンやスーパーでの出店を否定するわけではありませんが、効率はあまり良くないと思います。あくまでも私は売上が大事と考え、自分の商品を売るにはどうすれば良いかと言う視点で戦略を立てます。ぜひイカの駅や、集客力のある道の駅を利用してキッチンカーのマネタイズを考えてもらいたいと思います。

イカの駅での出店は大歓迎ですので、興味があれば連絡下さい。

イカの駅つくモール

イカの駅つくモールは2020年6月に石川県能登町にある日本百景九十九湾の畔にオープンした観光交流施設です。能登町の食と景観を生かした施設をコンセプトに運営され、レストランや物産は勿論、マリンレジャーや遊覧船も楽しむ事の出来る施設です。
PAGE TOP