能登の名産品取り扱い数日本一|能登半島の名産品が揃うのとマートOPEN!

石川県能登町でキッチンカーを作る|足りない店舗は格安で作る

石川県能登町でキッチンカーを作る|足りない店舗は格安で作る
たかひろ
たかひろ

おはようございます、たかひろです。
能登町にあるイカの駅つくモール駅長とか色々やってます。
Instagram▶︎イカの駅公式
Twiter  ▶︎ピロ

今回はイカの駅つくモールの駐車場にキッチンカーを置こうという企画の記事です。

キッチンカーを自作しようとか、既に持っていて出店場所を探している人に向けた記事です。

なぜキッチンカーを作るのか

そもそもなぜキッチンカーを作る事にしたのか。

2020年6月に開業したイカの駅は開業7ヵ月で7万人が来場しました。

大変喜ばしい事でしたが、多くの失敗をしてしまいお客様に迷惑をかけてしまいました。

飲食店の失敗

  • 営業時間中に飲食が出来ない
  • オーダーから受け取りまでの時間が長い

イカの駅にはレストランとカフェがあり、上記の問題は両店舗で起きた問題の本質です。

初年度のオープン熱での影響なら次年度は心配ありませんが、万が一再び多くのお客様が訪れ同じ失敗をしたのなら間抜け以外の何者でもありません。

課題と対策

繁忙期を乗り越えスタッフの作業効率は上がりましたが、数の前には限界があります。

全てのお客様を2店舗の飲食店のみで受け入れるのは不可能ということ。

既存店舗の回転率を上げるだけでなく、そもそもの店舗を増やさなければ本質の改善にはなりません。

店舗を増やすことはできるのか?

イカの駅の構造上建物内での飲食店増設やテナント出店は不可能、そうなると外に作るしかありません。

こうなると独断は出来ないので能登町役場に行って許可を得なければなりません。

キッチンカーのリスク

当然投資に対するリターンが得られないリスクはあります。

初年度よりもお客様が激減するのなら2店舗以上の飲食店はいらないでしょう。

この結果は十分に考えられますが、逆に初年度以上の来場もあり得ます。

この部分に関しては精一杯足掻いてより良い結果を出せるようにするだけです。

リスクを抑えた格安店舗

この企画を考えた頃からキッチンカーに関して色々調べているのですが、結構中古車が出ています。

中古キッチンカーに関して良く言えば流通が生まれているのですが、悪く言えば挑戦者の亡骸でもあります。

自分だけが成功できるなんて甘い妄想を打ち砕くには十分な流通量です。

買うのか、レンタルするのか、それとも自作するべきなのか。

この辺りもしっかり頭に入れて始めなければなりません。

イカの駅つくモール

イカの駅つくモールは2020年6月に石川県能登町にある日本百景九十九湾の畔にオープンした観光交流施設です。能登町の食と景観を生かした施設をコンセプトに運営され、レストランや物産は勿論、マリンレジャーや遊覧船も楽しむ事の出来る施設です。
PAGE TOP